おとなんつづり

オトナになっても純粋に、硬い心を柔らかく

はてなブックマーク100越えの恩恵を受けて分かったこと【はてなユーザー向け】

 

勢いで書いた記事が、突然はてなブックマーク数100を超えました。

あっという間にアクセスが増えて初めてのホットエントリー。今後のために冷静に振り返ることにしました。

 

 

f:id:otonann:20170207152425j:plain

 

 

 

はじめに

 

この記事は、はてなブログのサービスを利用している方向けです。

 

ただ、はてなブログをこれから始めようと思っている方もいらっしゃるかも。

そしてホットエントリー(はてなブログのサービスに人気エントリーとして載る状態)って実際どうなの?と思う方のために少し書きます。

 

 

既にはてなブログのブックマークをご存知の方はこちらへ。

▶初めてのホットエントリー

(ページジャンプします)

 

 

はてなブックマークとは

 

はてなブログの特徴のひとつに「はてなブックマーク」があります。

例えば本を読んでいて、ちょっと良いなとか気になるところにマーカーしますよね。

そんな感じでどなたかの記事を読んでブックマーク出来ます。

 

よく記事の下の方に設置されています。

デザインは人によっていろいろですが「B!」というボタンです。

▼こんなボタン

f:id:otonann:20170207112135p:plain 

 

 

 

記事を読んだ方が、このボタンをポチッと押してくださるとカウントされます。

ブックマークが3つ以上になると、はてなブログサービスの「新着エントリー」へ載りますよ。掲示板のようなイメージです。

ただし短時間で3つ押されないと載らないとも言われていますよ。

数が10個以上になると「人気エントリー」という別枠に載り、それ以上だとホットエントリーと呼ばれる更に注目される枠に載ります。それらの枠に載ることで、多くの人に読んでもらえる可能性が広がるというわけです。

 

 

 

ブックマークしてくれた人がツイッターで紹介したり、ブックマークのお気に入り登録から見てくれたり、まるでひとつの水滴の波紋のように広まっていくのです。

 

 

f:id:otonann:20170207155625p:plain

 

 

そのため、このブックマーク数が多いほど記事が読まれる可能性が広がります。

ただしこれは一過性のものだと思います。

 

 

 

ただ、そんなの別に良いわ~という方もいらっしゃいます。 

 

ある程度アクセスのある慣れた方や、ブックマーク返し(ブックマークしてもらったお礼に自分もブックマークを付ける行為)をしたくない、純粋にアクセスだけのブログにしたいなど色々な考え方があります。

絶対にブックマークしなきゃ多くの人に読んでもらえないわけじゃありません。

 

 

 

私がここで言いたいことは、ブログを始めたばかりの方ならば、ご自分の記事を多くの人に知ってもらう近道ツールだと思います。

 

誰にも気が付かれないまま黙々と記事を書くより記事の質が上がると思いますよ。

好きに書けば良いんですが、その記事を読むのは自分じゃありませんからね。

感想を書いてくださる方もいらっしゃるので新しい気付きもあります。

 

 

 

▼公式サービスはこちら 

 

    

 

初めてのホットエントリー

 

はてなブログをはじめて2か月ちょっと。記事はまだ70前後です。

最初からブックマークボタンを設置していましたが100を超えたのは初めてでした。

 

 

▼こちらの記事です 

otonan.hatenablog.com

 

エンタメ欄のいちばん上に載せていただいた記事。多くの方に読んで頂きとても嬉しかったです。

 

記事の時間・内容

 

今回の記事は土曜日の夕方に公開しています。週末で、多くの方がご覧になるタイミングでもありました。

 

内容はディズニーシーのタートルトークというアトラクションについて。

主にディズニーシーへ行った方やこのアトラクションが好きな方に読まれたようです。というのは、ご自身の経験から共感してくださるコメントが多かったから。

 

単純にクラッシュという亀の人気にあやかったともいえますね。ちょうどリニューアルするタイミングだったのも良かったかもしれません。

  

googleアナリティクス

 

これは夢なんだろうか。公開した瞬間からジワジワ上がり、翌日に一気に爆発しましたよ。

 

突然に「万」という見慣れないPV単位で、手のひらにじっとり汗をかくような気持ちで見守りました。

次の記事を公開しても、しばらくこの記事のアクセスとブックマークが伸びましたよ。

そのためなのか次の記事も関心を持ってくださったように感じています。

 

ホットエントリーの次の記事はけっこう大事かもしれません。

 

google検索で公開翌日に1ページめ表示

 

ホットエントリーした記事は、ディズニーシーのタートルトークについてです。

 

「 ディズニーシー」「タートルトーク」の2つで検索すると、1ページに表示されるようになりました。ただ、これは一過性のものだと思っています。

この記事を大事にして加筆したりして更新しないと、じわじわ落ちていくでしょう。だって、一緒に並んでいるサイトはどれも強豪ばかり。私の記事は吹けば飛ぶ雰囲気です。 

  

それは良いとして、ここでちょっと大事だなと思う事があります。ホットエントリーされた記事の次の記事内容は慎重に書いた方が良さそうです。

というのも、次の記事もgoogleで同じように1ページめに表示されたのです。

 

ホットエントリー枠からの流入で次の記事に興味を持ってくださったり、ブックマークを付けてくださった方もいらっしゃったようです。

 

ただのラッキーかもしれません。私が取り上げたテーマがちょっとニッチ過ぎただけかもしれませんが。

  

▼ホットエントリー記事の次に公開した記事 

otonan.hatenablog.com

 

ホットエントリーした時には、次の記事が大事だなと肌で感じました。PVアップしたい場合、誰も読まないキーワードで書くのは勿体ないように思います。

 

 

ブックマークのコメント内容が優しかった

 

100を超えるときっと何か恐い事を書かれると怯えていました。はてな村の皆様ごめんなさい。いつものように、互助会だのアフィカスだの言われるのかなと。

 

 

なんと・・・

1件も怖いコメントがありませんでした!

 

これは相当嬉しい。意見は良いんですよ。記事を読んだ受け方はみんなが同じではないので。あぁそういう考え方もあるんだなと思考が広がりますからね。単なる批判や中傷はやはり気持ちが良いものではありません。

  

これも亀のクラッシュの人徳・・・あ、亀徳?のお陰。頼もしくおおらかでお茶目な亀徳。大人子供問わず絶大な人気がありますからね。

 

これは記事の内容によると思います。ホットエントリーすると怖い事を書かれるんだと思い込んでいたので、安心しました。

   

ホットエントリーは存在を示す近道

 

f:id:otonann:20170207154609j:plain

 

 

今回の経験で、はてなブログの魅力が少し分かった気がしました。

多くの方に見て頂ける近道なんだなと。

 

このブログ運営期間はたった2か月。

まだ100記事も無いサイトの1記事をgoogleが認めてくれるという事。

たった1記事でも何万ものアクセスを得られる可能性がある事。

 

  

これ、かなり凄い事じゃないかと思います。私はWordpressでも記事を書いていますが、こんな多くのアクセスを得るまでにするには何年かかるか分かりません。テーマ次第ではその日は来るかもしれませんけどね。

 

少なくても、今の自分のWordpress記事のテーマではありえません。Wordpressで書いていくのなら、テーマを見直して出直そうとも思いました。

 

  

最後に

  

まとめると、こんな感じです。

 

・共感されやすい記事内容だった

・たった1記事で「万」単位のアクセスが得られた

・ホットエントリーの次の記事も大事かもしれない

・google検索で翌日に1ページめ表示される場合がある

・ネガティブコメントが全くない事もある

 

 

煽りやネガティブ、強い主観記事じゃなくても、はてなブックマークは100以上付くのだという事が分かりました。自分の固定概念を取り払わなくてはと思います。

  

今回は貴重な体験をさせて頂きました。そして、記事を読むのは自分ではないのだと改めて認識して振り返りました。

 

私のように記事数が少なくて挫折しそうな方もいらっしゃるでしょう。でも、たった1記事でも沢山の方に読んで頂ける可能性があるよ!と言いたかったのです。

ブログを続けていて本当に良かった。

ではまた☆

 

 

当サイトに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。サイトポリシーや転載につきましてはこちら